日本の配偶者ビザ申請の手続きが専門の行政書士 武原広和事務所(海外在住者・日本全国対応)

日本のビザ手続に詳しい行政書士が、あなたのパートナーが日本で暮らせるようサポートします。日本全国・海外にお住まいの方からのお申し込みOK。

コラム

ビザと在留資格の違い

2016/10/19

ビザと在留資格は、日本では混同されがちです。
ビザについては何となくお分かりになると思いますが、来日するときに必要になるものですね。
来日すると、シングルタイプのビザは使用済みになります。
ですので、“配偶者ビザの延長”とか“配偶者ビザを変更”といったことはあり得ないことになります。

では、俗に言われる「配偶者ビザ」とは何のことかと言いますと、来日したときに許可される在留資格「日本人の配偶者等」(Spouse or Child of Japanese National)のことです。
Spouse or Child ですから配偶者だけでなく日本人の子どもも、この在留資格になります。

在留資格というのは、外国人が来日したときの入国審査や在留資格を変更したときに許可されます。
在留資格は「日本人の配偶者等」のほか、いくつか種類がありますが、日本にいる外国人はどれか一つ必ず許可されています。

このようにビザと在留資格は全く違うものですので、このページを読まれた方は、これを機にビザと在留資格の違いを理解していただければ幸いです。

-コラム
-, ,