日本配偶者ビザ申請

日本の配偶者ビザ手続が専門の行政書士 武原広和事務所が、あなたの配偶者が日本で暮らせるようサポートします。日本全国・海外にお住まいの方からのお申し込みOK。

よくある質問

配偶者ビザのお申し込みに関するよくある質問

Q.関西に住んでいる者ですが、在留資格認定証明書の手続きを依頼することは可能ですか?
A.行政書士 武原広和事務所は福岡県の行政書士事務所ですが、全国的に対応しております。書類作成の御依頼であれば、お電話やメール、FAX等を利用して書類を作成し、郵送いたします。申請の取次まで御依頼された場合は、全国どちらでも出張いたします。そして、お客様に代わってお客様の住所を管轄する地方入国管理局に申請を取次ぎます。

Q.私は現在、中国・上海市の合弁会社へ出向しており、中国人の妻と上海市で暮らしておりますが、このたび日本に帰任することになりましたので、妻の在留資格認定証明書の申請をお願いしたいと思います。出来れば、妻と一緒に日本に帰りたいのですが、このような場合でも依頼することは可能です か?
A.もちろん承ります。書類の作成に関しては、メールやお電話、郵便等でやりとりして作成いたします。奥様と同時帰国される場合は、日本在住の親族の方に申請代理人になっていただきますが、手続は当事務所にていたします。
無事に在留資格認定証明書の交付を受けましたら直ちにお客様へお送りしますので、在上海日本国総領事館で配偶者ビザの申請をなさって下さい。

Q.外国人の妻の在留資格認定証明書申請の依頼をお願いしたいと思いますが、サービスの内容はどのようなものですか?
申請書類作成として、在留資格認定証明書交付申請書、質問書、身元保証書、必要に応じて陳述書、理由書等です。
同時にお客様と奥様のケースに応じて、申請に必要あるいは有利になると思われる各種立証資料のアドバイスをいたします。
もちろん、無事に在留資格認定証明書が交付された後の様々な手続きについてもアドバイスをいたしますし、来日後に生じた様々な在留資格に関する問題にも御相談に応じます。また、地方入国管理局への申請の取次、入国審査官との対応等もいたします。なお、書類作成相談も歓迎しております。

Q.私は会社員ですが、平日は勤務の都合上、ゆっくり相談することが出来そうにありません。夜や土日などでも対応してもらえますか?
A.もちろん、お客様の御都合により、夜間や土日でも対応させていただきます。このような場合は、一度、メールでも結構ですから、その旨をお書きになってお送り下さい。

Q.中国の女性とお見合いをしたいと考えていますが、紹介してもらえますか?
A.お見合いや結婚相手の紹介、あっせんなどは行なっておりません。

Q.近々、中国人の女性と結婚する予定なのですが、どういう書類が必要なのか、手続きの手順はどうすれば良いのか、さっぱり分かりません。結婚後は彼女を日本に呼んで一緒に暮らす予定ですから日本のビザが必要なのだと思いますが、どうやって手続きをしたら良いのか分かりません。インターネットを見たりしましたが、私と全く同じケースは見つかりませんでした。手続きをお願いした場合、これら全て代行してもらえるのでしょうか?
A.面倒な手続は行政書士 武原広和事務所がいたします。お客様のケースに応じて婚姻届の必要書類や手続きの手順等を詳しくアドバイスいたします。晴れて結婚(婚姻)手続きが完了したら、奥様を日本に迎え入れるための手続きについて書類作成、申請の取次をいたします。中国でのビザ申請手続についても丁寧に御説明いたしますので御安心ください。

Q.現在私はアメリカ人の夫とアメリカで暮らしていますが、近いうちに住まいを日本に移そうと考えていて、できれば夫と一緒に日本に戻りたいと考えています。そこで夫の在留資格認定証明書の申請手続きをお願いしようと思いますが、いつ頃御依頼させていただいたらよろしいでしょうか?
A.日本にお戻りになる(御主人が来日なさる)予定日から3ヶ月位前に御連絡いただければ思います。

-よくある質問
-