日本の配偶者ビザ申請の手続きが専門の行政書士 武原広和事務所(海外在住者・日本全国対応)

日本のビザ手続に詳しい行政書士が、あなたのパートナーが日本で暮らせるようサポートします。日本全国・海外にお住まいの方からのお申し込みOK。

これから外国人と結婚する予定の方

外国人との結婚 先に日本国内で婚姻届を出す場合

2016/10/19

外国人のフィアンセと結婚する場合、お二人の状況によっては先に日本国内で婚姻届を出すケースがあると思いますが、日本の市区町村役場に婚姻届を出すにあたり、フィアンセの婚姻要件具備証明書が必要になると思います。
婚姻要件具備証明書とは、「婚姻の要件を具備していることの証明書」のことです。
行政書士 武原広和事務所のウェブサイト婚姻要件具備証明書のページも参考にされて下さい。

婚姻届を出す市町村役場の係員によって、必要書類等の取扱いが多少異なる場合がありますので、あらかじめ婚姻届の提出先にどういった書類を準備しておくべきか確認しておいてください。

日本での婚姻手届が無事に済んだら、次にお相手の母国へも結婚の届出をします。
届出の方法は国により異なりますし、そもそも届出が必要でない国もありますので、詳しくはお相手の国籍国の日本国内にある大使館・総領事館に確認されると良いでしょう。

婚姻届を済ませ、そのまま、お相手と日本で一緒に暮らすことを希望される場合ですが、日本人の配偶者としての在留資格へ変更(俗に言われる「配偶者ビザへの変更」)を希望する場合は、「日本人の配偶者等」という在留資格への変更許可申請をして法務省地方入国管理局で審査を受けます。
審査の結果、無事に変更の許可を受けることが出来れば、そのままお二人で日本で暮らすことが出来ます。

ただし、お二人の状況によっては、必ずしも「日本人の配偶者等」へ変更する必要がない場合がありますし、一方、その他の申請手続きが必要になる場合があるなど、様々なケースが考えられます。

行政書士 武原広和事務所では、外国人パートナーの配偶者ビザの手続をいたします。
書類作成や申請手続など面倒な手続はおまかせください。

在留資格変更許可申請の場合の書類作成料金は、90,000円+税が目安です(申請内容など個々のケースで応じて御見積りいたします)。
申請の取次をお申し込みになる場合は、外国人のパートナーが入管に行く必要はありません。
取次手数料5,000円+税およびお客様宅・地方入国管理局までの交通費・日当を御負担下さい。
ただし、なるべく御負担が少なくなるよう、交通手段などを工夫しております。

外国人との結婚、いわゆる国際結婚においては、複数の国の法律が絡んでくることがあり、また、在留資格の問題も出てきます。
行政書士 武原広和事務所では、お客様のケースごとに、どのようにしたらお客様の希望通りに事が進むのか一緒に考えてまいります。
書類作成等のお申し込みは日本全国・海外どちらからでも可能です。

-これから外国人と結婚する予定の方
-, , , ,