日本の配偶者ビザ申請の手続きが専門の行政書士 武原広和事務所(海外在住者・日本全国対応)

日本のビザ手続に詳しい行政書士が、あなたのパートナーが日本で暮らせるようサポートします。日本全国・海外にお住まいの方からのお申し込みOK。

これから外国人と結婚する予定の方

日本に住んでいる外国人と結婚する場合

2016/10/19

日本に住んでいる外国人と結婚する場合で、先に日本で婚姻届を出すときは、婚姻届書の他にお相手の婚姻要件具備証明書その他の提出を求められると思います。
婚姻要件具備証明書というのは、お相手の母国の法令上、「婚姻の要件を具備していることの証明書」ですが、日本に住んでいる外国人の場合、通常は日本にあるお相手の母国の大使館・総領事館に申請します。

国によっては、交付される文書が必ずしも婚姻要件具備証明書という名称ではない場合がありますし、そもそも、そのような文書を交付する制度がない国もあります(その場合は代替書類を検討します)。
婚姻届の提出書類で迷われたら、婚姻届の提出先の市区町村役場に確認されると良いでしょう。もちろん、在留資格に関する書類作成や申請手続きをお申し込みになったお客様には、当行政書士がアドバイスを差し上げております。

先に海外(お相手の母国など)へ渡航して婚姻手続きをした場合は、3ヶ月以内に日本の市区町村役場にその国の婚姻証明書などを添付して婚姻届をします(海外の日本総領事館に届出をしても結構ですが、戸籍に反映されるまでの日数が、直接市区町村役場に提出した場合に比べてよりかかります)。

さて、晴れてご夫婦となられた後、日本で一緒に暮らす場合は、ケースに応じて御主人/奥様の在留資格の手続きが必要な場合があります。
例えば、外国人である御主人/奥様が、以前、日本人と婚姻していて既に「日本人の配偶者等」の在留資格を持っている場合、次回も「日本人の配偶者等」の在留資格を更新しようとすると、様々な書類を地方入国管理局に提出して審査を受けなければなりません。審査の結果、無事に更新許可を受ける事ができれば、引き続き日本で暮らすことが出来ます。
また、御主人/奥様の在留資格が就労や留学などの在留資格である場合は、ご結婚を機に「日本人の配偶者等」へ変更したいとお考えの場合もあるかと思います。

行政書士 武原広和事務所では、外国人である御主人/奥様の配偶者ビザの手続をいたします。
書類作成や申請手続など面倒な手続はおまかせください。

配偶者ビザの延長(婚姻等により在留状況に変更があった場合)及び配偶者ビザへの変更申請の書類作成料金は、90,000円から110,000円+税が目安です。
再婚でない場合など在留状況に変更がない場合は40,000円+税です。(申請内容など個々のケースで応じて御見積りいたします)。
申請の取次をお申し込みになる場合は、申請取次手数料5,000円+税およびお客様宅・地方入国管理局までの交通費・日当を御負担下さい。なるべく御負担が少なくなるよう、交通手段などを工夫しております。
申請の取次をお申し込みいただきますと、パートナーは入管に行かなくて結構です。

外国人との婚姻手続きや配偶者ビザの手続はカップルごとに実に様々なケースがあり、まったく同じケースというのはこの世にありません。ですからお二人にとって、手続きをどのようにしたら良いのか分からないことも多いのではないでしょうか。

行政書士 武原広和事務所では、そのような国際結婚カップルのお力になれるよう、お二人が幸せに日本で暮らせることができるよう心を込めてサポートをしております。

日本で暮らしている外国人との結婚をお考えでしたら行政書士 武原広和事務所まで御連絡いただければと思います。

-これから外国人と結婚する予定の方
-, , , ,