日本の配偶者ビザ申請の手続きが専門の行政書士 武原広和事務所(海外在住者・日本全国対応)

日本の配偶者ビザ手続が専門の行政書士が、あなたの配偶者が日本で暮らせるようサポートします。日本全国・海外にお住まいの方からのお申し込みOK。

外国人配偶者と日本で暮らしている方

配偶者ビザの延長

2016/10/19

通称、配偶者ビザと言われている「日本人の配偶者等」の在留資格をお持ちの御主人/奥様が、在留期限後も引き続き、これまで同様に日本で生活なさる場合は、在留期間満了の日までに在留期間更新許可申請をしておく必要があります。
在留期限の年月日は、在留カード又はパスポートに貼付している上陸許可、在留資格変更許可、在留期間更新許可などのシールで分かります。

在留期間更新許可申請は、6ヶ月以上の在留期間をお持ちの方だと在留期限の3ヶ月前から申請できます。

準備する書類については、戸籍全部事項証明書や住民票などは必ず必要ですが、そのほかにはお二人の収入・職業その他のご事情によりケース・バイ・ケースで取り揃えます。

行政書士 武原広和事務所では配偶者ビザの延長手続をいたします。
書類作成や申請など面倒な手続は当事務所でいたします。
書類作成のみのお申し込みも歓迎です。

在留期間更新許可申請(いわゆる配偶者ビザの延長)の書類作成料金は、40,000円+税です。
(過去にほかの手続をお申し込みになった方は割引いたします。)

※更新前と更新後とで在留状況に変更がある場合の在留期間更新許可申請
例えば、お客様が「日本人の配偶者等」や「永住者の配偶者等」の在留資格を有する外国人と結婚された場合(つまり、お相手には以前、日本人または永住者の配偶者がいたが、離婚または死別し、 その後、在留期限までにお客様と再婚したというケース)で、結婚後、初めて在留期間更新許可申請をする場合が当てはまります。
このような場合の書類作成料金は90,000円+税になります。

配偶者ビザの申請手続をお申し込みになる場合は、申請代行手数料5,000円+税とお客様宅および地方入国管理局までの交通費・日当を御負担いただきます。交通費については、お客様の御負担がなるべく軽くなるよう交通手段を工夫しております。

この他、御負担いただくのは、法務省に支払う許可手数料(更新の場合は4,000円)です。

-外国人配偶者と日本で暮らしている方
-, , ,