日本配偶者ビザ申請

日本の配偶者ビザ手続が専門の行政書士 武原広和事務所が、あなたの配偶者が日本で暮らせるようサポートします。日本全国・海外にお住まいの方からのお申し込みOK。

よくある質問

在留資格認定証明書交付申請に関するよくある質問

Q.在留資格認定証明書とは何ですか?
A.海外の日本総領事館等で配偶者ビザの申請をするときに、この在留資格認定証明書を提出すると、提出しない場合に比べて比較的スムーズにビザの発給を受けることができます。と言うのも、既に在留資格認定証明書が交付されているということは、日本国内の法務省地方入国管理局が在留資格の該当性等を認定しているということですから、あらためて日本総領事館等が詳しく審査する必要がないためです。
したがって、日本総領事館等では配偶者ビザ申請の必要書類として大抵、この在留資格認定証明書の提出を要求されると思います。
何らかの事情により、在留資格認定証明書を取得できず、同証明書を添付せずに配偶者ビザの申請をすることも出来ますが、この場合は日本国総領事館等が一から審査をするので、一概には言えませんが審査期間が長期におよぶことになるかも知れません。
なお、在留資格認定証明書は、配偶者ビザの発給を受けた後、御本人に返却されます。そして、来日した際、空港等の上陸審査のときに入管の係官に提出します。上陸が無事に許可されると在留資格認定証明書は入管が回収しますから御本人の手元から離れます。

Q.在留資格認定証明書を日本国総領事館に提出して配偶者ビザを申請すれば、確実に配偶者ビザをもらえるのでしょうか?
A.そうとは限りません。在留資格認定証明書の審査は法務省地方入国管理局で行なわれますが、ビザの発給審査は日本国総領事館等で行われ、こちらは外務省の機関です。つまり、外国人が配偶者ビザを取得して来日するまでには法務省と外務省が審査をすることになります。
したがって、在留資格認定証明書を提出したとしても、日本国総領事館等のほうでも御本人にインタビューをするなどして審査をしますので、場合によってはビザを発給しないこともあります。

Q.在留資格認定証明書の申請はどこにするのですか?
A.例えば、海外在住である外国人の御主人/奥様を日本に呼ぶため(ビザの申請をするため)に日本人配偶者が申請代理人になって「日本人の配偶者等」の在留資格認定証明書を申請する場合は、日本人配偶者の住所を管轄する地方入国管理局または支局、出張所です。

Q.在留資格認定証明書の交付申請をしたら、審査にどのくらい日数がかかりますか?
A.これは一概に言えません。概ね1ヵ月程度が目安ではありますが、申請の内容、時期、申請先入管の処理能力その他様々な要因によりずいぶん違いがあります。早ければ数日、何らかの問題があるなどする場合は数ヶ月かかることもあります。
審査結果を出来るだけ早く出してもらうには、申請書や質問書等を正確に作成し、立証資料もきちんと揃え、入管の担当者が審査しやすいようにすることがコツです。
どの入国管理局に申請するかにも多少の違いがあります。例えば、東京入国管理局は福岡入国管理局に比べ、受理する申請の数が断然多いので、どうしても時間がかかるのは仕方ないところでしょう。もちろん管轄がありますので申請先を自由に選ぶことはできません。

Q.入国管理局のホームページで必要書類を調べましたら住民税の課税証明書と書かれていました。しかし、私は去年、無職でしたので収入がありません。この場合はどうすれば良いですか?
A.課税証明書が提出できない場合は、他の資料で代替することになりますが、申請書類の作成をご依頼なさったお客様には具体的にどのような資料をご用意いただければ良いかアドバイスを差し上げます。

Q.身元保証人の年収はどのくらいあれば良いのでしょうか?
A.必ずしも身元保証人の年収が問われるわけではありませんし、年収についても、どのくらいあればOKか、などということはありません。ただ、当然のことながら夫婦が日本で生活するにあたって、ある程度のお金が必要になりますから、そのお金をどう捻出するかということは何らかの資料で立証しなくてはなりません。例えば、申請の時点では夫婦二人とも無職(就職先も決まっていない)で預貯金もほとんどない状況で、今後二人で働いて生活していきます、と言ったとしても、入国管理局の審査官を納得させるのは難しいのではないかと思います。

-よくある質問
-